Voice of Love!

主にSnowMan阿部亮平くん

きっと23歳最後のエントリー

夏が終わった。と思っていたら秋まで終わった。あとはもう冬を待つだけだけど、秋が終わって冬を待ついまってなんなんだろう?と考えたけど世間の感覚ではいまが秋で、ジャニーズの舞台で四季を認識している私がちょっと変なだけだった。春は新橋演舞場に行って、シアタークリエに行って初夏を感じながら、夏はEXシアターと東名阪を駆け回ってた。

 

この夏がほんとーーーーに楽しかった!

キスマイドームのバックについた阿部くんを見られた。阿部くんのうちわを振って、ペンライトを振って、思い返しただけで笑いがこみ上げるような楽しいことがたくさんあって、それからEXシアターにもたくさん行って、こんなにコンサート中にギャーギャーしたことはないくらいたのしくてたのしくて仕方なかったから最後の公演終わったあと1人になった瞬間ぐずぐず涙出てきて久しぶりに泣きながら東京駅を歩いた。前もこんなことあったなーと思ったけどあれなんだろう。忘れたな〜。こうやって少しずつ記憶って薄れるんだなぁと思った。

 

今年の秋も阿部くんは日生劇場で主演の舞台をした。嬉しかった!本当に!今年も阿部くんが一列目の景色を見るんだ、と思ったら誇らしかった。去年はバカみたいに通ってたから今年は抑えような…と思ってて。いつもそう言って我慢できなくなるから自分に期待はしてなかったんだけど、終わったいま手元に半券が一枚しかなかった。自分でびっくりしてるよ!w

 

初日に観た時に、阿部くんが大好きな阿部くんで、楽しそうに笑う顔も、ちょっとオーバーな動きも、すぐジャンプするところも、歌うときに眉が下がるところ、発声するときの力の入れ方、上を見渡す視線の動かし方、優しい目、指先まで抜かりのないしなやかさ、大好きな口角のあがった顔、ちょっと色が抜けたような気がする茶色い髪、長い脚、見るたびにすこしがっしりしたような気がする腕、あ〜〜私あべくんのこと好きだなぁ、ステージに立つあべくんが好きだなぁ〜〜って思ってずっと涙と鼻水出しながら観てた。

 

いつも口では同じこと言いながら体は我慢できずに東京に向かってたけど、今年は本当に、ほんとーーーにちゃんと一回の大事さを知りたくて、改めて気付きたくて、いつの間にか大事なこと忘れたみたいに一度の機会をただただ消費するのをやめたくて、もし生きてるうちに阿部くんに向ける好きにリミットがあるのならゆっくりすこしずつ、ゆるやかに、長い時間それを抱えていたいなぁと思って。別に絶対決してたくさん見に行くのが悪いとかどうとかいう話じゃないんだ、それはとてもストレートで心地よい愛だしできるなら私もやりたい、けど私は私の生活と時間と考えがあるから、こうやって会いにいくのを控えてみるのもアリかなーと思ったんですよね。

 

 

 

たぶん人それぞれいろんな考え方があるけど、私は大人に近づくことは責任が増えることと、周りの人を想えるようになることだと思う。私が毎週毎週上京するお金で、誰かにプレゼントをあげられるし、ご飯にだって連れて行ってあげられるし、そんなことをしたくなった。ついでに自分のために投資するのも楽しいと知った。私はまだまだジャニオタ以外にしたいことがたくさんあるってわかった。

 

それでもやっぱり阿部くんが好きだからジャニーズオールスターズアイランドに振り込むために郵便局通っちゃうし、ふとした瞬間にあーあの時楽しかったなあ、っていろんなこと思い出すし、声聞いたら箍が外れたみたいにボロッボロ涙出たりするからほんと23歳がんばって生きて。でもちょっと後悔するなーー!秋あと一回くらい日比谷行けばよかった!

 

なんでこんなブログを更新してるかというとはてなブログ様々から1年前の記事を振り返りませんか?というメールが来たからなんですけど。1年前は週末日比谷芸人だったなあと思い出して、あともうすぐ23歳も終わるからさいきん考えてたことつらつら吐き出してみた。あんまりうまく書けないし、そもそも私の中で何もまとまってないから当たり前なんだけど。次書くときはたぶん24歳になってる。24歳のわたしがどんな風に阿部くんを好きでどんな風に応援しててどんなことを毎日考えるのか、心配だけど楽しみだな。がんばれよ私!お肌の曲がり角だからな!

 

3次元アイドルは、一緒に年齢を重ねていけるのがいいよね。阿部くんが年を重ねるってことは阿部くんが生きてる時間が流れてくってことで、その時間の分だけ阿部くんはかっこよくなり続けて頼りになるお兄さん、大人、アイドル、先輩、人間としてどんどん上に行くんだーきっとそうだ。私もしゃんとしなきゃいけないと、横並びにはいつまでもなれないけど、阿部くんががんばる姿を糧に成長できたらいいな〜そんな感じ。いつにも増して下書きにしまっておけよ感がすごいけど許して。終わり。